VGP phileweb

ホームシアターの作り方
これからホームシアターをはじめたい方に届けたい、
美しくハイクオリティな空間を作るためのノウハウ!

Step1 楽しみ方をイメージ

ホームシアターは、作った先にある“どのように楽しみたいか”が大切です。そのためには、ご自身のライフスタイルに合ったホームシアターをイメージしましょう。「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰と(Who)」「何を(What)」「どうやって(How)」「いくらで(How much)」を考えていくと、より具体的なイメージに繋がっていきます。

“誰と楽しみたいか”はとても大切!

Step2 “定番スタイル” を知ろう

ホームシアターには定番のスタイルがあります。ひとつは広い空間が確保しやすいリビングに導入する「リビングシアター」、そしてもうひとつが生活空間とは離れた書斎などの個室に導入する「専用室シアター」です。多くのホームシアターで採用されているスタイルから想像して、イメージを膨らませていきましょう。

  • リビングシアター
  • 専用室シアター

Step3 インストーラー に相談

ショップに行く際に用意した方がよいもの

インストーラーとは、システムプランニング、機器レイアウト作成、配管指示図の作成を担当してくれるホームシアターのプロのこと。基本設計図があると、具体的なアイデアを図面に落とし込めます。部屋の大きさを考慮した設置方法、必要な機材の具体化、 明確な見積金額を提示してくれたりなど、ホームシアターを作る際の具体的な内容が一気に固まります。

専用室シアター
専用室シアター
専用室シアター
専用室シアター

Step4 スケジュール を立てよう

新築でホームシアターを作る場合、ハウスメーカーを決める際に、インストーラーに相談に行くことが理想的です。ホームシアターで必要となるケーブル類を壁や天井裏に隠し、生活動線も確保した空間をスムーズに作りたい場合、基本設計図面が作られる期間までにある、住宅の工事が伴うタイミングに一緒に設備化するのがベストです。

Step5 内装をイメージ

専用室を作るのであれば自分の趣味を集めたホビールームなど、家族と楽しむリビングシアターならインテリアとのマッチングなど、一から作るホームシアターだからこそ、内装にもこだわることができます。建築業許可を取得しているインストーラーなら内装工事を請け負えますので、事前に相談してみましょう。

  • インテリアとのマッチングにこだわる
  • 高層マンションの絶景と一緒に楽しむ!
  • ブラックルームで映画館超えの没入感!

Step6 機器の特長を知ろう

ホームシアターで使用する機器は多岐に渡りますが、テレビやプロジェクターなどのビジュアル関連機器、スピーカーやAVアンプなどのサウンド関連機器、その他にケーブル機器や操作機器に分類されます。機器は、新製品に切り替わる期間がジャンルによってさまざまです。そのため、機能性など特長を知って、愛用できるアイテムを見付けましょう。

  • “4K/HDRに注目!”
  • “隠蔽しやすく取り回しも◎”
  • “ドルビーアトモスがお薦め!”
  • “家電操作もできてスマート”

Column 「おカネはどれくらいかかる?」

coming soon…