VGP phileweb

ソフト

  • Netflix 激推し! Netflixオリジナルタイトル
    ドラマ Best3<2021 Spring>
    よしひろまさみちが選んだオススメタイトル!

    取材・執筆 / よしひろまさみち
    2021年3月31日更新

Netflixはオリジナル作品と独占配信でファンの心を掴んだ

コロナ禍のエンタメ界で急成長したといわれるのがSVOD。数ある中でも、Netflixの快進撃は劇的でした。2015年に日本でのサービスローンチした同社は、19年にはSVODのシェアトップを獲得。ローンチ5周年の昨年は、コロナ禍で外出に制限があるという特殊な状況が後押しし、全世界でハマる人が急増したのが記憶に新しい。では、Netflixの何がSVODユーザーの心を掴んでいるか、紐解いてみましょう。

  • Netflix
    [視聴プラン]
    ベーシック→¥990/月(SD 480pの画質)
    スタンダード→1,320/月(フルHD 1080pの画質)
    プレミアム→1,980/月(UHD 4KとHDRの画質)

まず、配信作の多様性。他社のカタログ作品はもちろんのこと、未公開のドキュメンタリーや日本ではソフト化が難しい欧州のテレビドラマなど、配信作のジャンルは多岐にわたります。そのうえで、自社制作によるオリジナル作品、もしくは世界配信権を獲得した独占配信作に注力をしており、ここでしか観られない作品の多いこと。おそらくすべてをクリアすることは不可能なほどのコンテンツ数を有します。さらに、4K配信に対応したのも、他社と比べて非常に早かったことから、画質にこだわりがある層にも訴求力が高いです。近年のオリジナル作品は、テレビサイズでも十分というものから、できる限り大画面・高画質で、というものまで。ユーザーの選択肢にまでこだわりを持って制作していることが、一度使ってみればわかっていただけるでしょう。

ドラマBest3 『ラブ、デス&ロボット シーズン2』

  • ●配信年:2021 ●シーズン:1シーズン、2シーズン ●原作・制作:ティム・ミラー ●出演:トファー・グレイス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ゲイリー・コール
    Netflixオリジナルシリーズ『ラブ、デス&ロボット』シーズン1独占配信中、シーズン2 2021年より配信開始

実験的要素に溢れた短編アニメで自由すぎる規格も大好評!

Netflixのオリジナルシリーズで最初のヒット作といわれる『ハウス・オブ・カード 野望の階段』を手掛けたデヴィッド・フィンチャーと、『デッドプール』のティム・ミラーが手を組んだ実験的要素の強い短編アニメーションシリーズ。Netflixは尺や年齢制限のリミテーションがありません。そのため、本作の描写は過激、尺はエピソードごとに違って最短6分から、と自由過ぎる企画。大好評のため、シーズン2 が今年配信予定になっています!

ドラマBest3 『クイーンズ・ギャンビット』

  • ●配信年:2020 ●シーズン:リミテッドシリーズ ●原作・制作:スコット・フランク、アラン・スコット ●出演:アニャ・テイラー=ジョイ、ビル・キャンプ、マリエル・ヘラー 他
    Netflixオリジナルシリーズ『クイーンズ・ギャンビット』独占配信中

天才チェスプレーヤーの半生が描いた誰が観てもハマる要素が満載

昨年大ヒットした7 話のミニシリーズ。『ハスラー』の原作者ウォルター・デヴィスの同名小説をドラマ化。冷戦期が舞台で、天才チェスプレーヤーのアメリカ人女性が、向かうところ敵なしのソ連に挑みます。時代考証やチェスの専門的要素はきちんと入れつつも、あくまで一人の女性のアップダウンに富んだ半生に焦点を当て、誰が観てもハマる、と評判になりました! 脚本家としてオスカー候補にもなったスコット・フランクがプロデュース。

ドラマBest3 『ザ・クラウン シーズン4』

  • ●配信年:2020 ●シーズン:1シーズン、2シーズン、3シーズン、4シーズン ●原作・制作:ピーター・モーガン ●出演:オリヴィア・コールマン、ヘレナ・ボナム=カーター、トビアス・メンジーズ 他
    Netflixオリジナルシリーズ『ザ・クラウン』シーズン1~4独占配信中

名だたるドラマの賞を総なめ! 現代史の重要な英国女王の姿

英国女王エリザベス2 世が、女王に即位してからの治世を描く大河伝記シリーズ。現在シーズン4まで配信されており、各シーズンとも名だたるテレビドラマの賞を総なめしています。このドラマをきっかけにハリウッド大作へ進出した俳優も多いです。歴史ものといいつつも、現代史の重要な1 ページを担う存命の女王が主人公とあって、話題性も抜群。ちなみにシーズン4はチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚と破綻も描かれています。

[筆者]

  • よしひろまさみち
    映画ライター・編集者。女性誌、情報誌などの編集部を経てフリーになり20数年。雑誌、Webでのインタビューやレビューの連載、カルチャーページの編集のほか、テレビやラジオなどでの映画紹介も担当する。

アプリ