映画『バブル』 ホームシアターで満喫してほしい厳選アニメ! » ホームシアターCHANNEL
VGP phileweb

ソフト

  • 連載「岩井 喬のはなまるアニメ」第2回 映画『バブル』
    ホームシアターで満喫してほしい厳選アニメ!
    パルクール・アクションや背景美術の映像美を大画面で堪能

    VGP 取材・執筆 / 岩井 喬
    2022年12月19日更新

    • VGP審査員
      岩井 喬

本連載では“ホームシアターで画と音を満喫したい”、“ファミリーで観られる作品が知りたい”、そんなホームシアターファンにこそ観てほしいアニメ作品のクオリティレビューをお届け。オーディオビジュアルの評論家である岩井 喬氏が自信を持ってお薦めする“はなまるアニメ”をご紹介します。

話題性抜群のクリエイター陣が集結した

  • 『バブル』
    2022年/100分
    ●監督:荒木哲郎 ●声の出演:志尊淳、りりあ。 ●制作:WIT STUDIO ●映像:1920×1080 ●音声:日本語ドルビーデジタル 5.1ch
    Netflixにて配信中

ある日東京は空から降りてきた無数の泡に覆われ、隔離されてしまった…。泡に包まれたエリアは大部分が水没。しかし隔離された世界で逞しく生きる若者たちは生活物資を賭け、パルクールのチームバトルでぶつかり合う。ある種の世紀末的な状況下から物語は始まります。主人公・ヒビキと“泡=バブル”がもたらした少女・ウタが惹かれ合っていく王道的ストーリーと、縦横無尽に駆け巡るパルクールバトルのアクションが見所です。

本作はNetflixの全世界配信とともに、2022年春に劇場公開され話題となりました。TVアニメ『進撃の巨人』で注目された荒木哲郎監督とWIT STUDIOが制作にあたり、音楽は澤野弘之を起用しています。盤石のコンビネーションに加え、脚本には『魔法少女まどか☆マギカ』『Fate/Zero』の虚淵玄、キャラクターデザインは『DEATH NOTE』『バクマン。』の小畑健が担当した、非常に話題性の高いクリエイター陣が集結した大作です。ストーリーのベースにはおとぎ話の『人魚姫』が用いられているので、その結末とヒビキ、ウタが行き着く先が重なるのかどうか…儚さも漂う展開に目が離せません。

  • 『バブル』Netflixにて配信中
    ©2022「バブル」製作委員会

卓越した描画表現をサウンドが多彩に演出

本作はHD、音声は5.1chで配信されています。BGMは低域をどっしりと響かせ、バトルシーンの迫力をリズミカルに演出。爽やかなメロディラインはスッキリと浮き上がり、高揚感をもたらしてくれます。セリフはキレ良くドライに描写。サラウンドは日常描写の自然な広がり感を大事にした音作りとなっています。派手さを抑えた堅実な表現ですが、パルクールシーンや建物の崩壊などのシーンで抑揚をつけた迫力あるSEが加わります。

映像については退廃的な街の描写に対し、自然描写のビビッドで豊かな色彩が対照的。背景美術のきめ細やかさがパキっとしたキャラクター描写をコントラストよく引き立てています。なかでも『進撃の巨人』における立体機動装置のシーンを彷彿とさせる、パルクールの動きの速さは見ものです。カメラワークの多彩さ、従来からの2D的描き込みと、3Dを活用した奥行き表現の融合も素晴らしいポイントのひとつ。

  • 『バブル』Netflixにて配信中
    ©2022「バブル」製作委員会
  • 『バブル』Netflixにて配信中
    ©2022「バブル」製作委員会

“動”に対し“静”のシーンではヒビキとウタ、それぞれ顔がアップとなるカットで微細なイラストのような、グラデーションを多用した色づかいがなされています。瞳の中の立体的な彩色と輝きエフェクトも相まって、ただただ美しい…。WIT STUDIO作品では『Vivy -Fluorite Eye’s Song-』でも効果的に用いられた表現ですが、立体的なイラストがそのまま動くようで非常に新鮮な描写です。ぜひHDRでも見てみたいと思わせる、魅力に溢れた映像といえるでしょう。

  • 『バブル』Netflixにて配信中
    ©2022「バブル」製作委員会
  • 『バブル』Netflixにて配信中
    ©2022「バブル」製作委員会
  • 『バブル』画質/音質傾向表

SPEC

バブル
●監督:荒木哲郎 ●脚本:虚淵玄 ●声の出演:志尊淳、りりあ。、宮野真守 他 ●音楽:澤野弘之 ●オープニング主題歌:Eve「Bubble feat.Uta」●キャラクター原案:小畑健 ●企画/プロデュース:川村元気 ●制作:WIT STUDIO ●本編:100分 ●主な映像フォーマット:1920×1080/SDR ●主な音声フォーマット:日本語ドルビーデジタルプラス 5.1ch ●主な字幕言語:日本語、英語、簡体字中国語

REFERENCE

  • 4Kチューナー内蔵ビデオレコーダー
    PANASONIC
    「DMR-ZR1」
    ¥OPEN(実勢価格¥360,000前後)
  • 4K有機ELテレビ
    PANASONIC
    「TH-55JZ2000」
    ¥OPEN(実勢価格¥390,000前後)
  • AVアンプ
    DENON
    「AVC-X8500HA」
    ¥550,000(税込)
  • スピーカーシステム
    ELAC
    「Uni-Fi Reference series」
    ●使用モデル
    「UFR52」¥297,000(税込/ペア)/「UBR62」¥148,500(税込/ペア)/「UCR52」¥93,500(税込/1本)