VGP phileweb

ソフト

  • 開発者が選んだ!
    ハイクオリティソフト2019年度<PART1>
    これが珠玉のレファレンス!【映像作品 画質編】

    取材・執筆 / 小笠原 望(ホームシアターCHANNEL編集部)
    2020年6月10日更新

画質にこだわるエンジニアが推薦!

4K Ultra HDブルーレイ(以下、UHD BD)だけでなく、衛星放送や動画配信サービスでも、4K/HDRコンテンツが当たり前になり、ドルビーアトモスなどのイマーシブサウンドも普及が進んで、映像や音響のクオリティが高まっている昨今。それらの魅力を余すことなく味わうために、AV機器もまた、日進月歩の進化を遂げています。

さて、そんなAV機器の進化を支えるメーカーの開発陣の皆さんは、画質/音質をチューニングするうえで、どんな作品のどんなシーンを”レファレンス”として、チェックしているのでしょうか?

「開発者が選んだ! ハイクオリティソフト2019年度」PART1では、テレビやプロジェクター、プレーヤー/レコーダーの開発に携わるエンジニアにそれぞれ3作品ずつ、画質に優れた2019年の優秀作品を推薦していただきました。ご自宅のAV機器の画質/音質チェックにも使える、現場のプロならではの目の付け所もご紹介いただきました。おうち時間の充実に、ぜひお役立てください!

SHARP〜8K開発者が手放せないレファレンス

  • ◼️画質で選んだレファレンス3作
    『アラジン』(左)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥8,000 (税抜) VWAS6906 ディズニー ●製作:2019年/米 ●本編映像:128分、シネスコ、HDR10 ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch
    『YESTERDAY』(中央)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥5,990(税抜) GNXF-2527 ユニバーサル ●製作:2019年/米 ●本編映像:117分、シネスコ ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch
    『アリー/スター誕生』(右)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) 1000743779 ワーナー・ブラザーズ ●製作:2018年/米 ●本編映像:136分、シネスコ、ドルビービジョン ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD 5.1ch

『アラジン』は、色彩が鮮やかで高コントラスト、まさにUHD BDの醍醐味を体感いただくのにもってこいのコンテンツです。一番のチェックポイントは何といってもCH4の女王登場シーン。窓から差し込む薄日、ろうそくの明かりの中で女王の顔色と衣装及び宝石類の光沢感を、両立し再現することに注力しました。
『YESTERDAY』は、基本的にはコメディ映画ですが、映像としてはRED/8Kで撮影された高精細な作品で、8K高精細テレビとの相性もピッタリ。主人公のジャックがGORLESTON BEACHで「HELP」を歌うシーンなど、まるでその場にいるかのような臨場感を得られます。ぜひ大画面テレビで視聴いただきたいタイトルです。
『アリー/スター誕生』は、作品の性質上、暗部階調が多いコンテンツです。まだ無名のアリーが大観衆の前で歌いだすシーン、赤の照明で映し出されるアリーが戸惑いながらも懸命に歌う表情を忠実に再現することにこだわりました。
今回紹介させていただいたディスクはいずれも、今後私が画作りを行っていく上でレファレンスになりうる高画質コンテンツです。ぜひ一度お試しください。

  • ◼️下田裕紀 氏
    シャープ(株) TVシステム事業本部 TV技術開発センター 8Kシステム開発部 主任技師。入社以来、シアタープロジェクター、液晶テレビ等の製品開発、研究開発業務に従事。幅広いカテゴリーの表示デバイスを用いた製品の画質設計業務を経験、現在はAQUOS 8Kを含む、国内向けテレビの画質設計業務を担当。
  • ◼️開発に携わった主な代表モデル
    プロジェクター「XV-Z10000」
    液晶テレビ「8T-C80AX1」
    液晶テレビ「8T-C70BW1」
    ※写真は「8T-C70BW1」です。

SONY〜正確に描き作品性も表現する

  • ◼️画質で選んだレファレンス3作
    『ボヘミアン・ラプソディ』(左)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) FXHA-87402 20世紀フォックス ●製作:2018年/英・米 ●本編映像:135分、シネスコ、HDR10+ ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DTS 5.1ch
    『4Kさくら 春を彩る華やかな桜のある風景』(中央)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥5,500(税抜) VUB-5705 ビコム ●製作:2019年/日 ●本編映像:63分、ビスタ、 HDR10+ ●本編音声:リニア PCM 5.1ch、リニア PCM 2.0ch
    『ジョーカー』(右)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) 1000757446 ワーナー・ブラザーズ ●製作:2019年/米 ●本編映像:122分、ビスタ、ドルビービジョン ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD 5.1ch

『ボヘミアン・ラプソディ』のLive Aidのシーンでは、動きの中でのコントラストと精細感のバランスを追い込むことで、自然で熱気あふれる臨場感の再現が可能になります。また、フレディの病気告白シーンは、光の正確なコントロールによって、肌の質感や表情の立体感、眼差しの自然さを引き出せ、心さえも読み取れそうな表現が可能になります。
『4Kさくら 春を彩る華やかな桜のある風景』は白飛びしやすい桜の花の表現はテレビの最難関の一つです。ローカルコントラストと超解像を適切にチューニングすることで、花の枝は手に取って見ているような自然な立体感と質感を、桜並木では全体に白飛びすることなく、一本一本の微細な花の構成や、相互の前後感・遠近感を描き分けられるようになり、記憶を裏切らない美しさを表現することができます。
『ジョーカー』は浅い被写界深度による誘導表現が多用されているため、バンディングのない自然なデフォーカス感をチェックできます。

  • ◼️井川直樹 氏
    ソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツ(株) TV事業本部 商品設計部門 商品設計1部。入社以来、ORT PDP LCD OLEDを搭載したTVの画質設計に従事し、常に「良い画質とは何か」、「なぜ良い画質が大仞なのか」を自問しつつ、次のハードルを見つけ、それを乗り越えるための設計活動を続けています。
  • ◼️開発に携わった主な代表モデル
    ブラウン管テレビ「KW-3200HD」
    液晶テレビ「KDL-55XR1」
    液晶テレビ「KJ-85Z9H」
    ※写真は「KJ-85Z9H」です。

EPSON〜色再現性や質感表現が問われる作品

  • ◼️画質で選んだレファレンス3作
    『ボヘミアン・ラプソディ』(左)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) FXHA-87402 20世紀フォックス ●製作:2018年/英・米 ●本編映像:135分、シネスコ、HDR10+ ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DTS 5.1ch
    『アラジン』(中央)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥8,000 (税抜) VWAS6906 ディズニー ●製作:2019年/米 ●本編映像:128分、シネスコ、HDR10 ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch
    『ライオン・キング』(右)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,000(税抜) VWAS6952 ディズニー ●製作:2019年/米 ●本編映像:119分、ビスタ、HDR10 ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch

『ボヘミアン・ラプソディ』は、Live Aidが見所であるのは言うまでもないでしょう。高いコントラスト感と解像感、そして奥行き感が映像に迫力を、楽器や機材の質感が精細感をもたらしています。画質設計では、これらをさらに引き出すことを心掛けています。また、冒頭、スマイルのライブ後、フレディがロジャーたちに声をかける暗いシーンは、暗部階調表現や色再現性の確認に使用できます。
『アラジン』は、ジャスミン王女がアニメ版で印象的なシアンの衣装以外にも様々な色鮮やかな衣装を着こなしたり、市街地の建物や市民の服も色に富んでいたりと、色の見応えがある作品です。特に、王宮前でのパレードシーンは色数が多く、色彩もダイナミックで、プロジェクターの発色を確認するのに適しています。
『ライオン・キング』は、実写と見紛うほどにリアルに動物たちが描かれています。毛の1本1本まではっきりと表現されているため、素材の解像感を活かす設定を心掛けています。

  • ◼️髙橋悠人 氏
    セイコーエプソン(株)。入社後、プロジェクターの映像処理回路の設計を担当。現在はプロジェクターの画質設計を担当しています。
  • ◼️開発に携わった主な代表モデル
    プロジェクター「EH-LS500B/W」
    プロジェクター「EB-1485FT」
    ※写真は「EH-LS500W」です。

JVC〜HDRの良さを引き出すことを追求

  • ◼️画質で選んだレファレンス3作
    『ボヘミアン・ラプソディ』(左)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) FXHA-87402 20世紀フォックス ●製作:2018年/英・米 ●本編映像:135分、シネスコ、HDR10+ ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DTS 5.1ch
    『アリー/スター誕生』(中央)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) 1000743779 ワーナー・ブラザーズ ●製作:2018年/米 ●本編映像:136分、シネスコ、ドルビービジョン ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD 5.1ch
    『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(右)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥8,000(税抜) VWES699 ディズニー ●製作:2019年/米 ●本編映像:142分、シネスコ、HDR10 ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch

DLA-V9R/V7/V5にて、ファームウェアアップデートで対応した「Frame Adapt HDR(FAH)」機能は、いかに自然にHDRの良さを引き出すかを評価して作りこんでいます。まず、『ボヘミアン・ラプソディ』のライブシーンは、頻繁に最大輝度が切り替わる難しいシーンであり、マスモニと比較して入念にチェックしています。また主人公が苦悩する暗いシーンはこだわりを持って設計しました。『アリー/スター誕生』では、冒頭の車外からフラッシュを浴びるシーンや、室内シーンで、カーテン越しの窓から見える屋外の木々の見え方のチューニングに注力しました。最後に『スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は、歴代D-ILAプロジェクターのコントラスト評価のレファレンスディスクとして君臨しているスターウォーズの最新版かつ完結版。もちろん期待を裏切ることなくFAHの効果は絶大で、劇場以上の映像表現を堪能していただけると信じております。

  • ◼️大力孟司 氏
    2007年度日本ビクター(株)に入社。主に映像装置の研究開発に従事、ソフトウェア制御を担当。2018年、現在の部署に異動し、”Frame Adapt HDR”の回路設計を行う。好きなアーティストは「サカナクション」、「くるり」。好きなモノは「タチコマ」です。
  • ◼️開発に携わった主な代表モデル
    プロジェクター「DLA-V9R」
    プロジェクター「DLA-V7」
    プロジェクター「DLA-V5」
    ※写真は「DLA-V9R」です。

PANASONIC〜パッケージメディアならではの高画質

  • ◼️画質で選んだレファレンス3作
    『アリー/スター誕生』(左)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,990(税抜) 1000743779 ワーナー・ブラザーズ ●製作:2018年/米 ●本編映像:136分、シネスコ、ドルビービジョン ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD 5.1ch
    『ライオン・キング』(中央)
    4K Ultra HDブルーレイ ¥6,000(税抜) VWAS6952 ディズニー ●製作:2019年/米 ●本編映像:119分、ビスタ、HDR10 ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD PLUS 7.1ch
    『ゲーム・オブ・スローンズ 最終章 コンプリート・ボックス』(右)
    ブルーレイ ¥11,818(税抜) 1000749192 ワーナー・ブラザーズ ●製作:2019年/米 ●本編映像:DISC1 192分、DISC2 155分、DISC3 79分、ビスタ、1080p ●本編音声:英語ドルビーアトモス、日本語DD 2.0ch

『アリー/スター誕生』は、画質、音質、作品内容、どれをとっても一級品。画質は、解像感、階調性、色彩、S/N等、どの要素もレベルが高いです。情報量が豊かで細部まで力に満ちた映像が、ブラッドリー・クーバーとレディ・ガガ渾身の演技と音楽と共に、観る者をストーリーに引き込んでいきます。
『ライオン・キング』は、実写と見紛うばかりの驚きの超絶CGアニメーション映像。細部まで緻密に書き込まれたディテール、豊かな色彩、HDRを活かした光の輝きと美しいグラデーションなど、多彩な表現で描かれるアフリカの大地と生命の生々しさが凄いです。
『ゲーム・オブ・スローンズ』は、テレビドラマの概念を超えたクオリティを持つ超大作。最終章コンプリート・ボックスは、通常ブルーレイ版ながら放送や配信では味わえないパッケージメディアならではの高画質で、壮大な世界観に没入できます。

  • ◼️甲野和彦 氏
    パナソニック(株) 主幹技師。初代DIGA以来、DVD/BDレコーダー及びプレーヤーの高画質技術開発を担当。近年はUltra HD Blu-ray再生対応プレーヤーや新4K衛星放送対応レコーダーの高画質化と絵作りに注力しています。
  • ◼️開発に携わった主な代表モデル
    BDレコーダー「DMR-UBZ1」
    BDプレーヤー「DP-UB9000」
    BDレコーダー「DMR-4X1000」
    ※写真は「DMR-4X1000」です。

関連記事

開発者が選んだ! ハイクオリティソフト2019年度<PART1>

開発者が選んだ! ハイクオリティソフト2019年度<PART2>

開発者が選んだ! ハイクオリティソフト2019年度<PART3>

アプリ