VGP phileweb

ガイド

  • 照明のチカラを効果的に活かそう!
    ホームシアターのあかり入門バイブル
    工事なしでもこだわれるグレードアップのアイデアも紹介

    取材・執筆 / 塚田真由子(ホームシアターファイルPLUS編集部)
    2022年9月7日更新

空間を明るく照らすだけでなく、そこで過ごす時間をスペシャルにしてくれるのが“あかり”。映画やスポーツを臨場感たっぷりに楽しめたり、家族と一緒にいる時間が心地よくなったり。ここでは、あかりがホームシアターにどのような影響を与えるのか、考えてみました。

ホームシアターに不可欠なあかりのチカラ

なぜ、ホームシアターのウェブにあかりの特集が載っているのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。ホームシアターの理想の1つである映画館を想像してみてください。劇場に向かうまでのエントランスや通路にはムーディーな雰囲気の間接照明が効果的に使われ、映画の世界に入り込む直前の非日常感を味わうことができます。また、本編が開始する瞬間を思い浮かべてみてください。上映のアナウンスが流れるとともに、照明が徐々に暗くなり「映画がこれからはじまる」という高揚感を味わったことがないでしょうか。

いわずもがなですが、映像の世界に浸れるように、劇場内は真っ暗です。目の前に余計なあかりが入り込むことはありませんが、足元には誘導灯が仕込まれているなど、観客の安全面に対する配慮も抜かりありません。このように、映画館のワクワクするような非日常感の演出、映画に集中できる環境づくりには、あかりが不可欠。ホームシアターの完成度を高めるのに、あかりはなくてはならない存在なのです。あかりにこだわれば、映像の質も、毎日の暮らしも彩り豊かに楽しくなります。あかりのチカラを上手に採り入れ、家族みんなが心地よいホームシアターをつくってみましょう。

  • 落ち着いた光で家族の時間をゆったりと過ごしたり、まるで映画館のような没入感で映像を観たり、シーンに合わせたあかりを点けることで、ホームシアターはグレードアップします。
  • 柔らかい光でくつろぎ感がアップします。映画を観る前、家族と過ごすだんらんのひととき。壁や天井に柔らかい間接光が広がっていると、まるでリゾートにいるかのような落ち着いた雰囲気を味わえます。これから鑑賞する映画についての会話も弾み、家族の絆はより深まりそう。
  • 映像のクオリティも高まります。スクリーンで映画やスポーツを観る時は、部屋を真っ暗にすれば、画面に没入でき、映画やスポーツを臨場感たっぷりに楽しむことができます。手元を照らす照明があると、ドリンクを飲んだりする時にも便利。
  • シアタールームにソフトやコレクションをディスプレイしている方も多いのでは?お気に入りのモノをあかりで照らすとビビッドに引き立ち、シアタールームを訪れるのも楽しくなりそうです。

予算や環境に合ったあかりを見つけよう

ホームシアターを楽しむのに最適な照明プランを立てるなら、新築時やリフォーム時が有利ですが、賃貸や既存物件だからといって、照明環境をグレードアップできないわけではありません。あかり環境のグレードアップには主に3つの方法があります。

まず1つめは、照明器具をリプレイスすること。最近では、暮らしのシーンに合わせて光の色や明るさを変えられる照明器具が登場してきています。2つめは、天井からの照明ひとつだけでなく、フロアスタンドや壁面を照らす照明器具などを付け足すこと。1つめと2つめは賃貸や既存物件でも採り入れられるアイデアなので、ぜひ気軽にチャレンジしてみてください。

そして3つめは新築時やリフォーム時に照明計画を立てること。建築構造と一体化させる「建築化照明」という手法も採り入れることができ、ホームシアターをよりスタイリッシュに演出することができます。

Type1「配線工事は不要!あかりをリプレイス」

パナソニック「AIR PANEL LED THE SOUND」シリーズやPhilips Hueなど、光の色や明るさを変えられる照明器具や電球が登場しています。シーリングライトをこれらのアイテムに交換して、気軽にホームシアターの演出を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • PANASONIC
    「AIR PANEL LED THE SOUND series」
    「HH-XCC1288A」 ¥OPEN(実勢価格¥75,000前後)/12畳用
    「HH-XCC0888A」 ¥OPEN(実勢価格¥65,000前後)/8畳用
    専用アプリ「あかリモ」をダウンロードすれば、スマホによるあかりの操作が可能に。細かな調光・調色も自由自在です。
    <パナソニックTEL:0120-878-709>

Type2「いまあるあかりに照明器具を付け足す」

部屋全体を照らすシーリングライトに加えて、複数の照明を組み合わせると、上質な雰囲気を演出することができます。後から付け足せるあかりには、スタンドライトやアッパーライトなどがありますが、目的に合ったあかりを採り入れてみてください。

  • 電気工事なしで付け足せるフロアスタンドライトは、手元を照らすあかりに最適です。

Type3「新築・リフォーム時なら一からプランできる」

新築・リフォーム時なら、目的別にあかりを配置するのはもちろん、暮らしのシーンごとに照明の点灯パターンを切り替えることが可能。調光・調色も自由自在。また「建築化照明」によって、空間に豊かな表情をもたらすこともできます。

  • 調光装置を導入すれば、暮らしのシーンに合わせてあかりの明るさをワンタッチで変えられます。写真下は、建築化照明でテレビ背面をドラマチックに演出した事例です。