VGP phileweb

ガイド

  • 短期集中連載 ホームシアターQ&A
    PART.20「ホームシアター向けの照明は?」
    プロが疑問に答えます!

    取材・執筆 / 鈴木秋甫
    2022年9月26日更新

ホームシアターのプロが、映画館のある家づくりに役立つ知識・ノウハウをお届けしていく連載企画。
後悔しないホームシアターづくりのために、ぜひお役立てください!

ホームシアター向けの照明は?
「系統をわけるのが大切です」

手軽に構築するなら「テレビを設置する場所」と「視聴する場所」とで照明の系統をわけることをお薦めします。操作は皆さんが慣れたON/OFF操作だけ。テレビ側の照明は点けておいて、視聴位置だけ暗くするだけでもグッと雰囲気がよくなりますし、目も疲れなくてお薦めです。またライティングレールを付けて、取り外しができるスポットライトを使えば、家具のレイアウトに合わせて照明の角度を変更できるので便利です。

ダウンライトを複数用意する多灯分散タイプの照明は、パナソニックのシーンコントローラー「リビングライコン」と組み合わせて、細かく調光できます。「手元だけスポット的に光がほしい」など、よりこだわる人にお薦めです。

  • PANASONIC
    「AIR PANEL LED」
    大手家電量販店価格 ¥33,000(税込)
    ※角型タイプ/〜8畳の場合

パナソニックのLEDシーリングライト「AIR PANEL LED」は、3つの点灯する部分の光の明るさと色それぞれ調節できるため、シーンに合わせてあかりを切り替えられます。ちなみに本モデルにBluetoothスピーカーが内蔵するモデルもラインアップします。

このギモンに回答してくれた専門家

鈴木秋甫 氏
大和ハウス工業株式会社
総合技術研究所 建築技術グループ
性能・ストック研究グループ
一級建築士。大学卒業後、2005年大和ハウス工業株式会社に入社。総合技術研究所にて暮らし方や住まいの健康に関する研究を経て「奏でる家」の提案に携わる。