VGP phileweb

  • アワード激戦区紹介
    VGP2019夏(2)
    スタイルでスピーカーを選ぶ!

    VGP 取材・執筆 / VGP実行委員会
    2019年5月29日更新

「VGP」は信頼の証!

「VGP」は、1987年にスタートした、国内最大級の規模を誇るオーディオビジュアル機器のアワードです。6月17日(月)には、「VGP2019 SUMMER」受賞結果が発表されます。今期は2,000を超えるオーディオビジュアル機器がエントリー。評論家として活動する審査員10名と全国の有力販売店の投票、そして審査会での合議によって、信頼度の高い、“絶対買い”のプロダクトが決定します。

3つのカテゴリーで審査

「VGP」は、3つのカテゴリーに分かれて、オーディオビジュアル機器の審査が行われます。テレビなどの映像機器やサラウンドを楽しめる音響機器が中心となる「映像音響部会」、ステレオ再生をメインとしたオーディオ機器を審査する「ピュアオーディオ部会」、イヤホン・ヘッドホンやポータブル製品など現代のライフスタイルに寄り添ったコンセプトを持つ機器が登場する「ライフスタイル分科会」、これらのカテゴリーで審査されます。

  • 「VGP」は3つのカテゴリーがあり、左のロゴから順に「映像音響部会」「ピュアオーディオ部会」「ライフスタイル分科会」のカテゴリーに分かれて審査されています。

スピーカーはスタイルで選ぶ時代に

3つのカテゴリーで、必ず登場するのがスピーカーシステムです。なぜなら、スピーカーには、さまざまな用途のアイテムが存在するからです。どれも音楽を鳴らすためのものではありますが、ユーザーが求めるスタイルによって最適なスピーカーは異なります。

ホームシアターを楽しみたい、映画や音楽ライブなど、サラウンドをいい音で楽しみたい方には「映像音響部会」にご注目ください。英国のスピーカーブランドKEFの「Rシリーズ」や、フランスのELIPSON「Prestige Facetシリーズ」など、前後左右だけでなく高さ方向のサラウンドまで工事いらずで再現できる「ドルビーアトモス」のような立体音響を手軽に楽しませてくれる「イネーブルドスピーカー」をラインアップしているシリーズが注目です。

音楽を聴くのにステレオ再生時の音のよさを追求したい方は「ピュアオーディオ部会」の選定アイテムにご注目ください。ここ数年クオリティの高いスピーカーを数多く開発しているブランドとして人気のドイツELACや、密閉型を得意とするジャパニーズブランドKRIPTONから登場した新製品が話題を集めています。

  • ユーザーの用途で選べるようになったスピーカーシステム。自分のスタイルにあったスピーカーを見つけてみてください!

そしてライフスタイルを変えるパワーのあるスピーカー、たとえば自由に持ち運べる利便性の高いモデルなどがほしい方は「ライフスタイル分科会」にご注目ください。高級感があり、かつインテリアに馴染むデザインが特長のワイヤレススピーカーKEF「LSX」や、バッテリー内蔵で高い防水性能と耐久性を持つBluetoothスピーカー「JBL JR POP」など、音楽の楽しみ方の幅を広げてくれるモデルが満載です。

  • 防水性能の高いBluetoothスピーカーであれば、プールや海辺などでもアクティブに音楽を楽しむことができます!

6月17日(月)に発表される「VGP2019 SUMMER」の結果発表で、どのモデルが金賞に輝くのでしょうか。
ぜひお楽しみに!