VGP phileweb

実例

  • リビングシアターCASE12
    ヴィンテージレンガでブルックリンスタイル
    2世帯住宅の家族をつなぐエンタメ空間

    取材・執筆 / 井田有一(ホームシアターファイルPLUS編集部)
    2020年8月19日更新

こだわりの空間に見事に溶け込むインストール

共有と分離。2世帯住宅づくりでよく耳にする言葉ですが、ここ碓井さんも両親と自分たちのライフスタイルに最適な程よい距離感を持った2世帯住宅をつくりました。ホームシアターはそんな世代を越えた家族を繋ぐエンタメとして使いたいと、以前から導入を決めていました。

  • 専用ルームを作って、ご主人だけが籠もってしまう空間にはしたくなかったという碓井さんご家族。ご兄弟もホームシアターをお持ちで、大画面の魅力はご存じです。「自分の番になった」と、新築時に導入を決意したといいます。

ブルックリンスタイルをさらに引き立てるレイアウト

「若い頃から海外ドラマや映画を観るのが好きで、その影響をすごく受けました。家をつくるなら内装はブルックリンスタイルがいいと、学生の頃から構想を練っていました(笑)」と、ご主人。そこで部屋の印象を支配するテレビ裏の壁には、海外から取り寄せたヴィンテージレンガを大胆に積み上げました。さらにレンガの素材感を引き立てるようにレザーやアイアンなどをインテリアのアクセントに取り入れ、自慢の空間へと仕上げていきました。そんな美しい空間を損ねずに、ホームシアターは見事にインストールされています。

  • ニューヨークの倉庫街をイメージさせる「ブルックリンスタイル」のインテリアに憧れていたご主人。そのため、海外から取り寄せたというヴィンテージレンガの質感に合わせてJBLの「Stageシリーズ」をあわせた小山氏のセンスが光ります。
  • スクリーンとテレビとコンテンツに合わせて使いわけしています。
  • ソファの後方には和室もあり、ゴロンと寝転びながら映像を楽しむことだってできます!
  • フロントだけでなく、センターやサブウーファーまでスピーカーを統一。
  • フロントスピーカーはJBL「Stage A190」。劇場の音を広く伝えるために開発されたJBL伝統のホーンを搭載するスタンダードモデルです。
  • サブウーファーの天面部にも赤外線の受光部を設置し、レコーダーとAVアンプの信号を受信。iPadで操作できなかった時用に保険をかけてあります。

空間づくりのイメージ共有が為す調和したデザイン

インストールを担当したのはダイナミックスカスタマイズの小山拓郎氏です。図面ができた段階から相談を受け、ご主人のこだわりの空間づくりのイメージを共有し、一つ一つ丁寧にレイアウト、機器選定を行ないました。出色なのは、アメリカンヴィンテージの風を感じるJBLのスピーカー「Stageシリーズ」を中心にプランニングしたことで、120インチの大画面とのバランスもバッチリです。サラウンドも大空間の動線を大切にし、ドルビーアトモスに対応できるように、スピーカーを埋め込みました。
空間デザインと見事に調和したシアターは満足度も高く、今後長く愛され続ける部屋になるに違いありません。

  • テレビ周りをスッキリさせるため、AVアンプなどの機器はデッドスペースに収納場所を用意して隠しています。
  • スクリーンケースを隠すために垂れ壁も設えましたが、カーテンボックスも高さを揃えてつくることで全体のバランスを整えています。
  • アトモス用のスピーカーは、フランスのキャバス「Archipel 13 ICP」を天井にビルトイン。トゥイーターの向きを可変させて、音の位相を調整しています。
  • プロジェクターはリビングに合うようにホワイトカラーかつ4K対応のJVC「LX-UH1」を選択。
  • ホームシアター機器はカスタマイズリモコンの「iRemocon」を使って、iPadで操作できるようにプログラミングしてあります。特にAVアンプなどは、音量調整のために頻繁に操作しますが、碓井邸の場合、リモコンの赤外線が届く場所に設置されていないため、Wi-Fiで信号が送信できるようにしています。
  • 素敵な笑顔で取材班を出迎えてくれた碓井さんご一家。このリビングに家族が集まるようにゾーニングにもこだわるなど、家づくりにはたっぷりと検討できる時間をかけたといいます。そのかいあって誰もが羨む部屋ができました。
  • インストールを担当したダイナミックスカスタマイズの小山拓郎氏。

碓井邸ホームシアター概要

ROOM DATA
●住宅形態:戸建/新築 ●家族構成:夫婦+子ども+祖父母 ●ホームシアターの広さ:約33畳(LDK) ●画面サイズ:120インチ+65インチ ●サラウンド:5.1.2ch ●インストール内容:機器設置、システムプランニング、かんたん操作 ほか

SYSTEM LIST
●プロジェクター:JVC LX-UH1 ●スクリーン:Grandview GEA-120HDW ●液晶テレビ:東芝 65M530X ●Ultra HDブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-4CW400 ●AVアンプ:デノン AVR-X2600H ●フロントスピーカー:JBL Stage A190 ●センタースピーカー:JBL Stage A125C ●リアスピーカー:Cabasse Archipel 13 ICP ●トップミドルスピーカー:Cabasse Archipel 13 ICP ●サブウーファー:JBL Stage A100P ●メディアストリーミング端末:Amazon Fire Stick TV ●カスタマイズリモコン:グラモ iRemocon ●コントローラー:Apple iPad

INSTALL
ダイナミックスカスタマイズ
熊本県熊本市東区長嶺南1-2-15 ヘンリーハイツ1F
TEL:096-383-6109
http://www.dyna-cus.com/