VGP phileweb

実例

  • リビングシアターCASE7
    吹き抜けで開放的な空間に映画館を
    iPadで機器の操作もスマートにできる!

    取材・執筆 / 塚田真由子(ホームシアターファイルPLUS編集部)
    2020年3月18日更新

新築のタイミングで家族で楽しめるシアターを

以前から映画が好きで、WOWOWなどで映画を観て楽しんでいたというオーナーのDさん。
「妻の弟がダイナミックスカスタマイズさんでホームシアターを導入したのを見て衝撃を受け、同じようにつくりたいと思い、新築のタイミングで妻と一緒に相談に行きました。大好きな映画をひとりで楽しむのではなく、家族みんなで楽しみたかったし、人がたくさん集まるリビングにしたかったんです。だから、当初からリビングにホームシアターをつくろうと思っていましたね」とご主人。

  • 半吹き抜けを採用したリビングにインストールされたホームシアター。低い天井部分にスクリーンやトップミドルスピーカーを設置しています。
  • スクリーンを上げると東芝の有機ELテレビ「65X920」が壁掛けされています。当初は床に置いてあるAVボードを使用するか否か悩んでいたため、どちらでも対応できるようにセンタースピーカーはCabasse「EOLE3」を選び、天吊り設置しています。

吹き抜けによる開放感を損ねず機器を設置

そんな要望に応えたのは、熊本を代表するホームシアターショップ、ダイナミックスカスタマイズの小山拓郎氏。D邸では、高い天井高や大開口窓のある開放的なリビングの雰囲気を損ねないように、機器をコーディネート。フロントスピーカーにはDALI「OBERON 7」。テレビ裏のタイル壁の色にマッチしやすいカラー、ライトオークを選びました。また、スピーカーの設置に制約のある吹き抜けでありながら、埋め込みと壁掛けスピーカーを使いわけるなどの工夫によって、ドルビーアトモス5.1.2chを導入。リアスピーカーにはドライバーの角度を自由に調整できるCabasse「EOLE3」を選ぶことで、リスニングエリアを広くしつも、空間と調和するように設置しています。

  • フロントスピーカーはDALIの「OBERON 7」のライトオークをチョイス。「現場に打ち合わせに来る度に内装を見ていたので、ライトオーク色がぴったりだと思ってお薦めしました」と小山氏。
  • リアスピーカー「EOLE3」は空間との調和を考慮し、理想位置から敢えてずらして設置していますが、EOLE3のドライバーの角度を調整したり、AVアンプで音場補正したりし、サラウンドのつながりがよくなるように工夫しています。

120インチのスクリーンは下がり天井を掘り込んで設置。プロジェクターは、4K/HDRに対応したJVC「DLA-X590R」を選び、映像面も万全です。空間に馴染みやすいよう、ホワイトカラーを選ぶだけでなく、小上がりの和室で寛いだ時にプロジェクターの存在感が気にならないよう、和室の天井を延長するといった工夫も光っています。

  • 下がり天井の底面に木材を貼り、その内側を掘り込んでスクリーンを設置しています。複雑にデザインされた住宅設備のなかに、補強や隠蔽配線を行えるのも、設計の初期段階から関わっていたからこそ。
  • 白い天井や壁に合うようにプロジェクターはJVC「DLA-X590R」のホワイトをチョイス。

iPadで操作ができて音楽配信も楽しめる

加えて、小山氏は設計の初期段階から関わることで、家づくりのタイミングでしかできないさまざまなアイデアを盛り込んでいきました。Dさんご夫妻はAVボードを置くかどうか悩んでいましたが、間取りが決まる前なら機器の収納スペースもつくりやすいとアドバイス。視聴位置後方にある小上がりになった和室の横に、機器を収めるスペースを確保しておきました。

また、機器をすべてiPadでコントロールできるようにプログラミングするなど、操作性にも配慮しました。さらには音楽配信も提案。デノン独自のネットワーク機能「HEOS」を活用することで、ホームシアターで再生されている音楽を、キッチンに置いたスピーカーで再生できるように工夫しました。

  • AVアンプやブルーレイレコーダーなどの機器類は視聴位置後方の収納スペースに隠しています。
  • 小山氏は、グラモの学習リモコン「iRemocon」を使ってAV機器のリモコン信号を学習させ、iPadをワンタッチするだけでホームシアターを気軽に楽しめるようにプログラミングしました。これならお子さんも簡単に操作できます。
  • キッチンのカウンターにはデノンのネットワークスピーカー「HEOS 1」を設置。ホームシアターで再生している音楽をキッチンでも楽しめます。
  • 照明はパナソニックの調光装置「リビングライコン」でコントロールしています。

子供たちにも好評のホームシアター!

結果は大成功。ホームシアターを思い立ったご主人はもちろん、お嬢さん、息子さんにも好評で、週に3日はスクリーンを降ろして映画を楽しんでいるそうです。
「『アベンジャーズ』シリーズが好きで、『インフィニティ・ウォー』は息子と一緒にホームシアターで3、4回は観ましたよ。連休でゆっくり映画を観られる時は、息子の好きな映画を観たら、今度は僕の好きな映画というように、お互いに好きな映画を上映し合っているんですよ」と、満足そうに微笑むご主人。大画面シアター成功の秘訣がたくさん詰まった素敵な空間です。

  • 息子さんは映画やアニメが大好きで、『ドラえもん』や『ポケットモンスター』、『アベンジャーズ』シリーズなどをご主人と一緒に観ることが多いのだとか。スパイダーマンとサノスのファンだと語ってくれ、取材当日もスパイダーマンのコスプレで出迎えてくれました。
  • インストールを手がけた、ダイナミックスカスタマイズの小山拓郎氏。住宅展示場でのホームシアター体感イベントなど、大画面ライフの普及啓蒙にも精力的に取り組んでいます。

D邸ホームシアター概要

ROOM DATA
●住宅形態:戸建/新築 ●家族構成:夫婦+子ども ●ホームシアターの広さ:約16畳 ●画面サイズ:120インチ+65インチ ●サラウンド:5.1.2ch ●インストール内容:機器設置、システムプランニング、かんたん操作、音楽配信 ほか

SYSTEM LIST
●プロジェクター:JVC DLA-X590R ●スクリーン:オーエス SEP-120 HM-MRW3 ●有機ELテレビ:東芝 65X920 ●Ultra HDブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-SUZ2060 ●AVアンプ:デノン AVR-X4500H ●フロントスピーカー:DALI OBERON 7 ●センタースピーカー:Cabasse EOLE3 ●リアスピーカー:Cabasse ELEO3 ●トップミドルスピーカー:Cabasse ARCHIPEL 13 ICP ●サブウーファー:DALI SUB E12F ●ネットワークスピーカー:デノン HEOS 1 ●調光装置:パナソニック リビングライコン ●ホームコントロールシステム:グラモ iRemocon ●コントローラー:Apple iPad

INSTALL
ダイナミックスカスタマイズ
〒861-8039
熊本県熊本市東区長嶺南1-2-15
ヘンリーハイツ1F
TEL:096-383-6109
営業時間:月〜土曜日 10:00〜19:00、日祝 10:00〜18:00
定休日:水曜日
http://www.dyna-cus.com/