VGP phileweb

レビュー

  • ELAC「SOLANO 280 series」 上位機からJET Vトゥイーターを受け継ぎ
    緻密に完成度を高めたエラックの中核機
    新開発のAS CONEウーファーも採用した意欲機

    VGP 取材・執筆 / 鴻池賢三
    2021年6月25日更新

    • VGP審査副委員長
      鴻池賢三

技術を磨き成熟を極めた注目シリーズ

  • フロア型スピーカー
    「SOLANO FS287」
    ¥460,000(税込/ペア)
  • ブックシェルフ型スピーカー
    「SOLANO BS283」
    ¥240,000(税込/ペア)
  • センタースピーカー
    「SOLANO CC281」
    ¥180,000(税込/1本)

世界に異才を知らしめる、ドイツ生まれの名門「ELAC(エラック)」。日本でもファンが多いことで知られています。特に同社のアイコンとも呼べるJETトゥイーターが奏でるパワフルで伸びやかな高域音は、一聴すれば忘れることのできないサウンドでリスナーを虜にするもの。筆者も虜となったひとりです。エラックは技術を磨き成熟を極め、また近年はラインアップも拡充。入門者向けモデルから、スタイリッシュなハイエンドモデルまで登場し、エラックのサウンドを楽しめる裾野が広がっています。

新登場の「SOLANO 280シリーズ」は、本拠地ドイツのキール工場で生産される中核モデル。上位機で培われた、堅牢さと優雅なフォルムを両立するエンクロージャー工法、重心を下げるアルミベースの採用、剛性を高め共振を軽減するアルミダイキャスト性スピーカードライバーフレーム、そして最新の「JET V」トゥイーターを搭載し、さらに新開発のAS CONEウーファーを採用。上位モデルのクオリティを継承しつつ、さらに発展させた意欲的なモデルです。ピュアオーディオとしての品位を高め、ホームシアターにも発展させられる点など、VGP2021 SUMMERでも「映像音響部会」と「ピュアオーディオ部会」で高く評価されました。

  • JET Vトゥイーターは、上位機の「VELA 400 series」と同様のアルミ・ダイキャスト・フレームを受け継ぎ、最新のウェーブ・ガイドも採用。高いパワー・ハンドリングと理想的な放射特性を実現しています。さらにペーパーコーンとアルミニウムをハイブリッドし、アルマイト処理も施した新たなAS CONEウーファーも搭載。
  • 「SOLANO 280 series」
    <受賞モデル一覧>
    金賞 スピーカーシステム・映像音響(ペア40万円以上50万円未満) SOLANO FS 287
    金賞 スピーカーシステム・映像音響(ペア20万円以上30万円未満) SOLANO BS 283
    金賞 センタースピーカー SOLANO CC 281
    金賞 スピーカーシステム/フロア型(ペア40万円以上50万円未満) SOLANO FS 287
    金賞 スピーカーシステム/ブックシェルフ型(ペア20万円以上30万円未満) SOLANO BS 283

ファンも納得の伝統性とエレガントさ

サウンドも圧巻で、エラックファンが納得する伝統性にエレガントさをプラス。さらに高解像度かつエネルギッシュで快活な高域音はJET Vトゥイーターの醍醐味を感じさせます。キレが良くスピード感を増したクリアな低域も高剛性の極みを感じるもの。ファンを一気に増やしてくれそうな魅力的なサウンドです。

SPEC

SOLANO FS287
●形式:2.5ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:JET V トゥイーター×1、150mm AS-CONEウーファー×2 ●再生周波数帯域:30~50,000Hz ●感度:87db ●インピーダンス:4Ω ●外形寸法: 260W×985H×300Dmm ●質量:19.0kg

SOLANO BS283
●形式:2ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:JET V トゥイーター×1、150mm AS-CONEウーファー×1 ●再生周波数帯域:41~50,000Hz ●感度:85dB ●インピーダンス:4Ω ●外形寸法:190W×331H×248Dmm ●質量:8.0kg

SOLANO CC281
●形式:2.5ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:JET V トゥイーター×1、150mm AS-CONEウーファー×2 ●再生周波数帯域:34~50,000Hz ●感度:87.5db ●インピーダンス:4Ω ●外形寸法: 500W×190H×248Dmm ●質量:12.0kg

アプリ