VGP phileweb

レビュー

  • KRIPTON/ELAC/JBL テレビに組み合わせたい“推し”スピーカー
    ブックシェルフ型を徹底レビュー PART3
    ハイエンドクラス(ペア20万円以上)をチェック[2021]

    VGP 取材・執筆 / 林正儀
    2021年10月13日更新

    • VGP審査員
      林 正儀

オーディオファンが認める老舗ブランドから選抜

2chのスピーカーシステムは、サウンドバーとはまた一味違った音を楽しめるのも魅力のひとつであり、左右のスピーカーで空間に音を描く、そんなステレオフォニック再生ならではの音を楽しむことができます。今回、リビングにあるテレビと組み合わせてみて欲しい、ぜひ“推したい”ブックシェルフ型スピーカーをご紹介していきます。ブックシェルフ型スピーカーはスピーカースタンドに設置することで本領発揮しますが、テレビ周りに設置する場合、スピーカーのサイズ感さえ合えば、テレビラックの上にテレビと一緒に置いてシステムを組むのにもピッタリです。

PART3ではオーディオファンから愛されているブランドが並ぶ、ペア20万円以上のモデルを“ハイエンドクラス”として3モデルご紹介していきます。老舗のスピーカーブランドであるJBL、ドイツから誕生した指折りのスピーカーブランドであるエラック、そして根強いファンが多い国内ブランドのクリプトン、確固たるクオリティを持ち合わせたスピーカー群が映像コンテンツをどのように鳴らすか、楽しんでもらいたいです。

  • スピーカーの試聴取材では、UHD BDプレーヤーのパナソニック「DP-UB9000」からプリメインアンプのマランツ「NR1200」まで、NR1200から4K有機ELテレビのパナソニック「TH-55JZ1000」まで、どちらもHDMIケーブルで接続。プレーヤーとテレビの音を、NR1200で出力できるように繋いでいます。スピーカースタンドはクリプトン「SD-1」を使用しており、専用スタンドを揃えているモデルについては専用スタンドに切り替えて試聴しました。
    <試聴コンテンツ>
    映画アクション 4K Ultra HDブルーレイ『TENET テネット』
    ドラマ Netflix『クイーンズ・ギャンビット』
    音楽ライブ BD『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン/ジョン・ウィリアムズ』

KRIPTON「KX-0.5 II」

  • KRIPTON
    「KX-0.5 II」
    214,500円(税込/ペア)
    マルチch展開:×
    イネーブルド:×
    サブウーファー:×
    専用スタンド:○

密閉型の真価を徹底的に磨いた

密閉型モデルの開発をこだわり続けてきたクリプトンは、国内屈指のスピーカーブランドです。「KX-0.5 II」には、砲弾型イコライザー付きの35mmピュアシルク・リングダイアフラム・トゥイーターをはじめ、カーボンポリプロピレンを採用した140mmウーファー、スモークユーカリつき板をポリウレタン塗装で仕上げたキャビネットなど、上位機種の開発で培ってきたノウハウを投入。最注目は、スピーカーターミナルをバイワイヤリング端子にグレードアップした点です。内部の配線材も改良されており、ウーファーには絹の介在を使用したPC-Triple C、トゥイーターにはマグネシウム芯線にPC-Triple Cを6本撚りしたケーブルを導入するなど、各ユニットの真価を引き出します。

  • 軽くて剛性が高いCPPコーン型振動板をはじめ、エッジワイズのロングトラベル4層巻ボイスコイルなどを採用しました、新設計の140mmウーファーによって、サイズ以上のダイナミックな低域再現やダイナミックレンジの拡大を実現しています。
  • デバイディングネットワークで分割し、バイワイヤリング接続に対応したスピーカーターミナルを導入しています。同社では、バイワイヤリング接続用のスピーカーケーブル「SC-HR2000」も用意しています。

タイトな低域と純度の高さが抜群

タイトで澄んだ低音表現のため、他の低音にかぶりがなく、全体の純度や見通しも抜群によいです。音楽ライブでは鮮やかな鳴りっぷりで、ハーモニーの心地よさが生々しく伝わってきます。聴き込んでいくほど締まった低域と伸びやかな高域が顕著で、アクション映画では爆発音の衝撃、風の抜ける音、緊迫した空気感がひしひしと感じられます。ドラマは情感のこもったセリフと感情を際立たせるBGMのおいしいところを聴かせます。女性ボーカルの息遣いやギターのスライド音など微細音の表現も優れ、ジャズバンドのエネルギッシュな熱量もしっかり楽しめます。

  • 「KX-0.5 II」の音質傾向表1
  • 「KX-0.5 II」の音質傾向表2
  • 「KX-0.5 II」を55インチ・テレビの隣に設置

ELAC「Solano BS283」

  • ELAC
    「Solano BS283」
    264,000円(税込/ペア)
    マルチch展開:○
    イネーブルド:○
    サブウーファー:○
    専用スタンド:○

確実に完成度を高めたJET V

ドイツが誇る屈指のスピーカーブランドのエラック。新しいシリーズ「Solano 280シリーズ」のブックシェルフ型「Solano BS283」は、同社の代表的なベンディング・ウェーブ方式のJET Vトゥイーターを搭載しています。上位機種と同様にアルミ・ダイキャスト・フレームを採用し、ウェーブ・ガイドも最新世代に更新されています。ウーファーは、アルマイト処理を施したアルミニウム振動板をペーパーコーンとハイブリッド構造にした、新たなAS CONEウーファーを搭載しました。上位機種で採用されていたアルミ・ダイキャスト製のバスケット・フレームを継承しています。キャビネットのデザインも優雅で美しく、アルミ製の堅牢なベース部にマウントしたことで、低重心で安定した制振構造も叶えました。

  • エラックの代表的なドライバーである、ベンディング・ウェーブ方式を採用したJET Vトゥイーターを搭載。上位機種と同様に、アルミ・ダイキャスト・フレームに最新のウェーブ・ガイドを装着させて理想的なサウンドを追求しています。
  • 樹脂製のスピーカーターミナルを採用しており、シングルワイヤリング、バナナプラグに対応します。CHORA 806のバスレフポートは、背面ではなく前面に設置されています。

正統派で生々しく上質な質感再現

コンパクトボディながら、正統派の音づくりで、濁りのない爽快なワイドレンジ再生が印象的です。高域ドライバーが広がりよく滑らかで、いっそう聴き取りやすくなりました。楽器音の立ち上がりが素早く、響きも充実しているためホールの豊かな美音に包まれます。アクション映画も情報量が豊富で細かな音も取りこぼしがありません。音色はクールでジェットの金属音もスリリングです。階調もスムーズな低音表現、エッジの立て方も巧妙です。ドラマは、シーンの空気感が上質でセリフの質感も生々しく、トップクラスの質感再現性を持っています。

  • 「Solano BS283」の音質傾向表1
  • 「Solano BS283」の音質傾向表2
  • 「Solano BS283」を55インチ・テレビの隣に設置

JBL「L82 Classic」

  • JBL
    「L82 Classic」
    275,000円(税込/ペア)
    マルチch展開:×
    イネーブルド:×
    サブウーファー:×
    専用スタンド:○

名機の佇まいで現代の音に進化

1970年代に一世風靡したJBLの名機をオマージュして復活した「L100 Classic」。その特長を、ふたまわりほどコンパクトなボディに凝縮し、象徴的なデザインを継承したのが「L82 Classic」です。Quadrex Foamを用いたフロントグリルが絶対的な印象を残しますが、各ユニットの特長も見逃せません。トゥイーターには、最新の25mmピュアチタン・ドームトゥイーター「JT025Ti-4」を搭載。ウーファーは、JBLの伝統的なアルミ・ダイキャスト・フレームとピュアパルプ・コーンを採用した200mmの「JW200PW-6」を採用し、最新の解析技術を用いて最適化を図ったSFG低歪磁器回路も投入するなど、現代のJBLサウンドも詰め込んでいます。高音域用連続可変アッテネーターは、オーディオファンの遊び心をくすぐります。

  • 最新のピュアチタン・ドーム型ダイアフラムを採用した「JT025Ti-4」をトゥイーターに搭載。大型フェライト・マグネットの採用によって高い感度と優れた高域特性を実現し、表面のフェースプレートによって高域の指向性をコントロールしています。
  • 背面中心部のバナナ端子接続に対応したシングルワイヤリングのスピーカーターミナルには、金メッキ・バインディングポストを採用しており、2ウェイシステムにロスなく信号を伝送できるようにしています。

随一のスケール感とパワフルさ

アイコニックな外観ですが、出てくるサウンドは伝統と現代のサウンドがよいバランスで合わさったJBLサウンドを楽しめます。密度とエネルギー感が豊富で部屋を鳴らす感覚と、直接音の輪郭がしっかりとした抜けるサウンドを両立します。音楽ライブは明るくスケールの大きさは最高峰。アクション映画は、爆発音と金属片の飛び散りが一体感をもって飛んできます。ドラマはセリフが太めだが温かみがあります。そしてやはりジャズは独壇場であり、スケール感とパワフルさは右に出るものはいません。

  • 「L82 Classic」の音質傾向表1
  • 「L82 Classic」の音質傾向表2
  • 「L82 Classic」を55インチ・テレビの隣に設置

SPEC

KRIPTON「KX-0.5 II
●形式:2ウェイ・密閉型 ●ユニット:35mmピュアシルク・リングダイアフラム型・トゥイーター×1、140mmカーボンポリプロピレン(CPP)・コーン型・ウーファー×1 ●再生周波数帯域:50~50,000Hz ●クロスオーバー周波数:3,500Hz ●感度:87dB ●インピーダンス:6Ω ●外形寸法:194W×352H×319Dmm ●質量:7.2kg

ELAC「Solano BS283
●形式:2ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:JET V・トゥイーター×1、150mm AS-CONE・ウーファー×1 ●再生周波数帯域:41~50,000Hz ●クロスオーバー周波数:2,400kHz ●感度:85dB ●インピーダンス:4Ω ●外形寸法:190W×331H×248Dmm ●質量:8.0kg

JBL「L82 Classic
●形式:2ウェイ・バスレフ型 ●ユニット:25mmチタニウムドーム・トゥイーター×1、200mmピュアパルプコーン・ウーファー×1 ●再生周波数帯域:44~40,000Hz ●クロスオーバー周波数:1,700Hz ●感度:88dB ●インピーダンス:8Ω ●外形寸法:281W×473H×315.5Dmm ●質量:13.2kg

REFERENCE

  • AVアンプ
    MARANTZ
    「NR1200」
    88,000円(税込)
  • Ultra HDブルーレイプレーヤー
    PANASONIC
    「DP-UB9000」
    ¥OPEN(実勢価格210,000円前後)
  • 4K有機ELテレビ
    PANASONIC
    「TH-55JZ1000」
    ¥OPEN(実勢価格310,000円前後)

アプリ