VGP phileweb

実例

  • リビングシアターCASE27
    遊び心に溢れた美しいログハウス
    5.1サラウンドで繋がる家族の遊び場

    取材・執筆 / 塚田真由子(ホームシアターファイルPLUS編集部)
    2022年5月25日更新

くつろぎ感いっぱいのリビング

外遊び好きの永遠の憧れといえるログハウス。ここでご紹介するKさんご一家もまた、TALO(タロ)が手がける良質なフィンランドパイン材をふんだんに用いたログハウスで、薪ストーブのあるスローライフを楽しんでいます。そんなくつろぎ感いっぱいの空間に、美しいホームシアターがインストールされています。「家づくりの途中でコロナ禍になり、急遽プランを見直し、家のなかでも遊べる要素を増やしたいと思い、ホームシアターを思い立ちました」とご主人。

  • 遊び場のある家がK邸のコンセプト。2階にはご主人がDIYで取り付けたクライミングウォールがあり、ボルダリングができます。2階からはブランコ用のロープもぶら下がっています。
  • 視聴位置後方には小上がりになった和室スペース、右側にはダイニング、その奥にキッチンがあります。家族のつながりを重視した間取りは奥様のこだわりです。大画面をリビング以外でも観られるようにしています。

緻密な配線と機器設置で美しい空間に

インストールを手がけたのはオーディオ・サトーの佐藤拓郎氏。無垢の木でできたログハウスは構造的に壁裏というものがないため、配線を隠したり、機器を設備化するのが非常に難しい空間です。しかし、そこはさすがに豊富な実績を持つインストーラー。ログの組み上げ前に機器のレイアウト、どこにケーブルを通すかなどを固め、設計士や電気工事業者と綿密に打ち合わせをすることで、ご覧のとおり、配線のほとんど見えない美しいホームシアターができあがりました。

  • テレビは東芝の75インチ4K液晶テレビ。機器類のケーブルはパネルログと呼ばれる木材の造作壁の裏を通しています。
  • プロジェクターは「EH-TW8400」。雲梯や動線の邪魔にならない位置に取り付けています。スクリーン中央からずれた位置でも、レンズシフト幅の広いモデルなので問題ありません。
  • リアスピーカーとしてDALI「ALTECO C1」を壁掛け設置しています。

家族の集う大画面とサラウンド

スクリーンは120インチ。「できるだけ大画面」という要望に応えるべく、スクリーン位置を窓側にすることを提案。プロジェクターはエプソンの4K/HDRモデル「EH−TW8400」。サラウンドは5.1ch。傾斜デザインを採用したDALIの壁掛けスピーカー「ALTECO C1」を採用し、部屋のどこにいても良質なサラウンドが楽しめるように配慮しました。さらに、以前の住まいではキッチンとリビングが分断されていたのが悩みだったという奥様のため、キッチンとダイニングにも音楽配信を提案しました。「最初はテレビだけでいいんじゃないかと思ったのですが、完成してから音を聴いてびっくり。ホームシアターができて、家族の一体感が増したように感じます」と奥様も満足そうです。
大画面とサラウンドがあるだけで、自然に家族が集まり、楽しい思い出も育まれます。ホームシアターは、Kさん一家の数多の物語を紡いでいくでしょう。

  • ご主人はできるだけ大画面を希望していたため、スクリーンの位置を窓側に取ることで120インチの大画面を実現。ちなみにスクリーンはタブテンション機構付きで、タブを通したワイヤーでテンションをかけることで、優れた平滑性を実現しています。
  • フロントやセンタースピーカーはボックスを造作して取り付けており、スクリーンなどのケーブルや電源もこのボックスに隠しています。
  • 9.2chAVアンプ「AVR-X4700H」の余剰アンプを使い、ダイニングに音楽配信しています。スピーカーはDALI「FAZON MIKRO」
  • キッチンの天井にもステレオ再生埋め込みスピーカーを取り付けています。「リビングで観ているコンテンツの音をキッチンでも聴けるので、疎外感がないですね」と奥様もうれしそうです。

Kさんのシアターが美しい秘密 〜ログ積み前にプランニング〜

ログハウスにホームシアターを設備化する場合、AV機器や電源のレイアウトはもちろん、ケーブルをどう通すか事前に決めておくことが大事。K邸の場合はホームシアターの相談に行ったのがログ材の加工後でしたが、システムやレイアウトを速やかに決定。ログ材を積み上げながら配線用の穴を開け、ケーブルを壁や天井に隠すことに成功しています。木材の強度の都合で配線用の穴は細い径になってしまいましたが、佐藤氏はこまめに電気工事業者や設計士とやり取りすることで、プラン通りに進めることができました。

  • インストールを手がけたオーディオ・サトーの佐藤拓郎 氏。

写真/水谷綾子

K邸ホームシアター概要

ROOM DATA
●住宅形態:戸建/新築 ●家族構成:夫婦+子ども3人+祖父 ●ホームシアターの広さ:約14畳 ●画面サイズ:120インチ+75インチ ●サラウンド5.1ch ●インストール内容:機器設置、システムプランニング、音楽配信 ほか

SYSTEM LIST
●プロジェクター:エプソン EH-TW8400 ●スクリーン:GRANDVIEW GVT-120HDW ●液晶テレビ:東芝 75M550K ●ブルーレイレコーダー:東芝 DBR-M4010 ●AVアンプ:デノン AVR-X4700H ●フロントスピーカー:DALI ALTECO C1 ●センタースピーカー:DALI ALTECO C1 ●リアスピーカー:DALI ALTECO C1 ●サブウーファー:B&W ASW608 ●BGMスピーカー(ダイニング):DALI FAZON MIKRO ●BGMスピーカー(キッチン):DALI PHANTOM E-60 S

INSTALL SHOP
オーディオ・サトー
〒320-0043
栃木県宇都宮市桜3-5-14
TEL:028-635-6789
営業時間:10:00 〜 19:00
定休日:水曜日
https://www.audiosato.co.jp