VGP phileweb

ガイド

  • 連載 伊尾喜大祐のシン・イオキネマの夜明け
    第22回「いよいよ導入するスピーカーが決定」

    取材・執筆 / 伊尾喜大祐
    2022年5月27日更新

ホームシアターの総合誌「ホームシアターファイルPLUS」でも執筆されている伊尾喜大祐さんが、夢の映画館「シン・イオキネマ」づくりを決意! 本連載では、映画館づくりを決意したきっかけから完成するまでの模様を完全密着ドキュメントでお送りします。どのタイミングでどんなことが進行するのか? 映画館づくりにどんな想いがあったのか? 読んだらホームシアターを作りたくなること間違いなし!

映画再生の音質を重視してスピーカーを選定

前回はこちら

実に2時間にわたる試聴の末に、KEF「R7」を選ぶことに決めました。新シアターのメインコンテンツはやはり映画なので、KEFに分があると感じたからです。逆に音楽がメインなら、僕はDALIを選んだと思います。そしてセリフだけが低い位置から聴こえる違和感を回避すべく、あえてファントムではじめようと思い至りました。ということで、シン・イオキネマのスピーカー構成は6.1.6chに。フロントスピーカーはKEF「R7」、サブウーファーはKEF「Kube10b Subwooofer」、サラウンドとサラウンドバックはDALI「OBERON ONWALL」、そしてトップはDALI「PHANTOM E50」に決定しました!

  • フロントスピーカー
    KEF
    「R7」
  • サラウンド&
    サラウンドバックスピーカー
    DALI
    「OBERON ONWALL」
  • サブウーファー
    KEF
    「10b Subwoofer」
  • AVアンプ
    DENON
    「AVC-X8500HA」
  • プロジェクター
    VICTOR
    「DLA-V80R」

SYSTEM LIST

●プロジェクター:ビクター DLA-V80R ※新規
●スクリーン:キクチ SE-120HDC ※新規
●有機ELテレビ:東芝 REGZA 65X9400 ※新規
●Ultra HDブルーレイプレーヤー:パナソニック DP-UB9000
●Ultra HDブルーレイプレーヤー:OPPO Digital UDP-203
●Ultra HD ブルーレイレコーダー:パナソニック DMR-4W201 ※新規
●メディアストリーミング端末:Apple TV 4K 2nd Gen.
●AV アンプ:デノンAVC-X8500HA ※新規
●フロントスピーカー:KEF R7 ※新規
●サラウンド&サラウンドバックスピーカー:DALI OBERON ONWALL ※新規
●トップスピーカー:DALI PHANTOM E50 ※新規
●サブウーファー:KEF Kube10b Subwoofer ※新規