VGP phileweb

レビュー

  • PANASONIC/SHARP 『ボヘミアン・ラプソディ』を最高の画質で!
    UHD BD再生機の実力を比較レビュー
    第1回「UHD BD対応レコーダー」

    VGP 取材・執筆 / 大橋 伸太郎
    2019年5月29日更新

    • VGP審査委員長
      大橋 伸太郎

画と音もハイクオリティ!

  • 『ボヘミアン・ラプソディ』
    ¥6,990(税抜)
    FXHA-87402
    20世紀フォックス
    ● 製作:2018年/米 ● 本編映像:132分、シネマスコープ、2160p、HDR10+ ●本編音声:英語ドルビーアトモス、英語DTS-HDマスターオーディオ 2.0ch、日本語DTSデジタル 5.1ch
    ©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

日本での興行収入が遂に130億円を突破した、映画『ボヘミアン・ラプソディ』。4K/HDRからドルビーアトモスにも対応した国内版のUltra HDブルーレイも発売され、また最新のHDR規格である「HDR10+」にも対応したソフトであり、ホームシアターファンならレファレンスソフトの一枚として手に入れたい作品となりました。

  • ジャケットカバーを取った写真。左のパッケージが海外版、右のパッケージが国内版。国内版は特別仕様のパッケージが採用されています。
  • 海外版と国内版では、ディスクの絵柄も異なり、上の海外版はUHD BDとBDの両方ともアナログレコードのような絵柄に対して、下の国内版では、ライブ・エイドで歌うフレディ・マーキュリーの絵柄をBDに採用しています。

“本命”のレコーダーはどれ?

そんなハイクオリティソフトである『ボヘミアン・ラプソディ』を最高の画と音で楽しめるモデルはどれなのか、UHD BDの再生機能を持ったレコーダー&プレーヤーの比較レビューを、3回に分けてお届けします。

第1回目は、ユーザーにとって最も身近なレコーダーで比較。UHD BDの再生機能を搭載した、注目の3モデルを集め、一斉テストを行いました。それぞれの機器を、UHD BD(4K/HDR/ドルビーアトモス)だけでなく、BD(2K/SDR/DTS-HD MA7.1ch)、そしてストリーミングサービス(HD/SDR/2.0ch)も含めた3つのフォーマットでチェック。また、4Kアップコンバートのクオリティも検証しました。

UHD BDからストリーミングサービスまで、最高の『ボヘミアン・ラプソディ』を楽しめるレコーダーを探していきます!

  • 取材は、4K液晶テレビ、AVアンプ、イネーブルドスピーカーを使用した5.1.2chのスピーカーシステムで行いました。検証するレコーダーは最新ソフトウェアにアップデートした状態に。テレビは、「シネマプロ」モードで視聴しました。

SHARP 「2B-C20BT3」

  • SHARP
    2B-C20BT3
    ¥OPEN(実勢価格¥90,000前後)

AQUOSブルーレイの上位機で、4Kチューナーは非搭載ながら、4K放送をダビング録画したBDの再生が行えるモデルです。ディスク再生で注目なのが「ホコリシールドBDドライブ」。光学性能を向上させただけでなく、対塵対策も施したドライブを採用しています。録画機能では、4週間分の自動録画が可能な「ドラ丸」や、AQUOSリモコンやスマートスピーカーによる「声でラクラク操作」などの最新機能を搭載しています。

  • 2B-C20BT3は、HDMI出力端子を2系統搭載しています。ハイエンドUHD BDプレーヤーなどでも行える、映像信号と音声信号を分離した出力が可能。画質と音質のクオリティにこだわっています。
  • 2B-C20BT3の映像出力設定は、4Kテレビで出力するため解像度を「4K」に、UHD BD再生でHDRを再生するため出力のbit数を最大「36bit」に、UHD BDを24p出力するためにフレームレートを「オート」にしました。

輝き感があり色表現も美しい

UHD BD版の映像は、HDRの表現が巧く、映像の隅々まで明るくコントラストのある映像で、ピークに輝き感があります。BD版と比較すると、黒が引き締まり、とても力強い印象です。発色もUHD BDからBDまで、総じて抜けがよく、張りのある色表現です。音声はドルビーアトモスらしい、カメラの動きや演技に音が細かく追従。小気味良くダイレクト感もあるため、情報量を豊かに描けています。コーラスは分離に優れていて、サラウンドが主人公の心を苛む内圧を表現し、イマーシブサウンドの包み込む音場に一味違う力強い効果を加えてくれます。

  • 「2B-C20BT3」の画質・音質傾向
    ※動画配信機能は搭載していません。

PANASONIC 「DMR-UBZ2060」

  • PANASONIC
    「DMR-UBZ2060」
    ¥OPEN(実勢価格¥95,000前後)

従来のレコーダーから飛躍的なコンパクト化を果たしたモデルです。その幅はなんと215mmと、今回一緒に取材を行った「DMR-SUZ2060」の半分の幅で設置できます。おうちクラウドディーガのレギュラーモデルに位置するDMR-UBZ2060は、レギュラーモデルの中で唯一UHD BDの再生に対応しています。アプリ「どこでもディーガ」によりスマートフォンとの連携を高めているのも特長で、写真や動画、さらに音楽も楽しめるレコーダーです。

  • HDMI出力端子は1系統のみ搭載。コンパクトな筐体なため、光デジタル音声出力、USB入力、LAN入力まで、余分なスペースを作らず搭載されています。
  • HDMI接続設定で、映像の出力解像度を出力するテレビの解像度に合わせる「オート(4K)」、24p出力も「オート」に設定。カラースペースは、「YCbCr(オート)」で視聴しました。

解像感が自然で光の再現が素直

S/N志向でなめらかさのある映像が特長です。4Kの解像感は出ていますが、描写が硬くない印象。ライブ・エイドのシーンでは、ステージと太陽の光の違いを素直に表現しています。ドルビーアトモスの表現は、帯域の広さがもう一歩欲しい印象で、スケール感が若干狭く感じますが、音の精細感はよく、音場の見通しは優れています。BDや動画配信を4Kアップコンバートして視聴すると、やはりUHD BDによる4K映像の方が自然でよいですが、55インチの4K液晶テレビでは解像感に破綻はなく、違和感がない表現です。

  • 「DMR-UBZ2060」の画質・音質傾向

PANASONIC 「DMR-SUZ2060」

  • PANASONIC
    「DMR-SUZ2060」
    ¥OPEN(実勢価格¥130,000前後)

パナソニックの全自動モデルからレギュラーモデルまで含め、唯一4Kチューナーを内蔵したおうちクラウドディーガです。新4K映像放送の録画だけでなく、BDへのダビングにも対応します。ラインアップの中でもハイクラスに位置するモデルで、最新世代の映像エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」によって、ダイナミックレンジ調整/変換調整などのHDR処理技術は、DMR-UBZ2060より処理性能を向上させています。

  • DMR-SUZ2060では、HDMI出力を2系統搭載しており、今回の取材では映像信号と音声信号を分離した出力で視聴を行いました。また本モデルには、光デジタル音声出力も1系統搭載しています。
  • 「HDR調整」機能は、HDRの作品のダイナミックレンジを調整できます。再生しているコンテンツがSDRの場合は、HDMI詳細設定の「SDR/HDR変換」機能をオンにし、「輝度調整」の項目でダイナミックレンジの変換調整が行えます。

解像感からコントラストまで秀逸

解像感の再現、コントラストの描写、いずれもDMR-UBZ2060から躍進した映像美です。HDR作品らしく、ピーク輝度の伸びが良いのも特長です。ウェンブリーのシーンでは、階調のバランスがボトムからピークまで優秀。カメラのパンで会場を埋め尽くす聴衆の描写では、ボケや滲みが無く、S/Nが高く、情報量も非常に豊かで、レコーダーとして最高の映像美が楽しめます。ドルビーアトモスは音場のスケールが他のモデルよりも一回り広く、ライブの表現によく合います。また、UHD BDで2.0chも聴きましたが、ステレオ音声では細かな情報が整理され、ギターソロの音色がダイナミックな印象です。

  • 「DMR-SUZ2060」の画質・音質傾向

個性が綺麗に分かれたレコーダー

『ボヘミアン・ラプソディ』を通して、画質と音質が秀でていたのは、4Kチューナーを内蔵したハイクラスのレコーダーであるパナソニック「DMR-SUZ2060」でした。

しかしコストパフォーマンスの高さを実感したのは、シャープ「2B-C20BT3」。UHD BDだけでなくBDの再生においても、90,000円とは思えない画質に目を見張るものがありました。DMR-UBZ2060は、レギュラーモデルの中で唯一UHD BDの再生を行えるモデルなだけあり、画質・音質の平均点は高く、プレーヤー専用機にもない圧倒的なコンパクトさは侮れません。キャラクターが綺麗に分かれているので、ぜひ今のシステムに最適なモデルを選んでみてください。

関連記事
第1回「UHD BD対応レコーダー」
第2回「UHD BDプレーヤー 10万円以上モデル」
第3回「UHD BDプレーヤー 10万円未満モデル」

SPEC

SHARP 「2B-C20BT3
●主な再生可能メディア:UHD BD、BDビデオ、BD-R/RE、DVDほか ●チューナー数:地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3 ●HDD容量:2TB ●主な接続端子:HDMI出力×2、USB入力×2、LAN入力×1 ●消費電力(待機時):約29W(約0.06W エコモード時) ●外形寸法(W×H×D):430×57.5×229mm ●質量:約3.3kg

PANASONIC 「DMR-UBZ2060
●主な再生可能メディア:UHD BD、BDビデオ、BD-R/RE、DVDほか ●HDD容量:2TB ●チューナー数:地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3 ●主な接続端子:HDMI出力×1、光デジタル音声×1、USB入力×2(USB 2.0×1系統、USB 3.0×1系統)、LAN入力×1 ●消費電力(待機時):約27W(約0.15W クイックスタート「切」時) ●外形寸法(W×H×D):215×80×215mm ●質量:約2.2kg

PANASONIC 「DMR-SUZ2060
●主な再生可能メディア:UHD BD、BDビデオ、BD-R/RE、DVDほか ●HDD容量:2TB ●チューナー数:地上デジタル×3、BS/110度CSデジタル×3、BS4K/110度CS4K×1 ●主な接続端子:HDMI出力×2、光デジタル音声出力×1、USB入力×2(USB 2.0×1系統、USB 3.0×1系統)、LAN入力×1 ●消費電力(待機時):約28W(約0.15W クイックスタート「切」時) ●外形寸法(W×H×D):430×66×199mm ●質量:約2.8kg

REFERENCE MODEL

  • 4K液晶テレビ
    PANASONIC
    「TH-55GX850」
  • AVアンプ
    DENON
    「AVC-X8500H」
  • スピーカーシステム
    KEF
    「R series」