VGP phileweb

レビュー

  • FIBBR 4K/HDR時代の新定番!
    プロも魅了するHDMIケーブル
    ホームシアターグランプリ2020で総合金賞に!

    VGP 取材・執筆 / VGP審査員 岩井 喬
    2020年3月25日更新

    • VGP審査員
      岩井 喬

最先端の技術力と優れたコスパが魅力のHDMI

プロの心を掴み、4K/HDR時代のヒットブランドとして名を轟かせるFIBBR(フィバー)。ホームシアターグランプリ2020において総合金賞を獲得したHDMIケーブル「King-A」をはじめ、幅広いラインアップを揃えるFIBBRの魅力に迫ります。

  • 「VGP」で審査員を務める岩井 喬氏が、FIBBRの魅力、そして画質・音質の高さについて語ります。

広帯域の4K/HDR信号を伝送するうえで、18Gbpsの高速スピード特性に加え、10mを超える長尺でも劣化のない伝送を行うには、光ファイバーHDMIケーブルが必須です。特にプロジェクターを使ったホームシアターでは、長尺のHDMIケーブルが必要であり、抵抗値が存在するメタルケーブルでは映像・音声が伝送できても、ソースのデータを損失なく正確に表示できているかは疑わしいです。それゆえ5m以上の伝送では、抵抗が存在しない光ファイバーを用いたHDMIケーブルが欠かせません。

しかし、これまで光ファイバーHDMIケーブルは高価なことがネックでした。この状況を打破したのが、フィリップスの光ファイバー部門を前身とする、世界最大の光ファイバーケーブル製造会社YOFCとアジア最大手の集積回路製造会社VIA Technologiesとの共同出資会社であるフィバーです。

独立した光通信チップの研究開発を行っているほか、世界でも僅少な光ケーブル自体を生産できる能力を持ち、さらにHDMIフォーラムのメンバーでもあり、コストを抑えつつ、最先端の設計を施したケーブルづくりが可能であることが最大の強みです。フィバーではハイエンドモデルの「Pure 2」、中核モデル「King-A」、そしてスタンダードモデルの「Ultra Pro」をラインアップし、幅広いユーザーに向けて製品を展開しています。

  • FIBBR
    「King-A」
    ¥27,000(税抜/1.5m)
    HDMIケーブル
  • 「Pure 2」
    ¥40,000(税抜/1.5m)
    HDMIケーブル
  • 「Ultra Pro」
    ¥18,000(税抜/1.5m)
    HDMIケーブル

鮮やかな発色と優れた明暗表現 キレと広がりのよいサウンドも

180度の屈曲にも耐える「BendRobustテクノロジー」による圧倒的な強度の高さや、接続方向を示すLEDインジケーターも取り入れるなど、実に使い勝手がいいです。どのモデルも光ファイバーならではの精緻で滲みのない鮮やかな発色、明/暗部共に優れた階調表現を実現しているとともに、甘めに推移しやすい音声もメタルケーブル並みに引き締まり、巧みな空間表現を聴かせてくれます。

  • 業界初の独自技術「BendRobustテクノロジー」によって、光グラス・ファイバーを導体に使用しながらも、驚異の曲げ径20mm以下を実現し、180度曲げることも可能なため、配管が複雑な場合でも容易にケーブルを通せる柔軟性を獲得しました。

なかでもホームシアターグランプリ2020において総合金賞を獲得したKing-Aは独自の高性能光変換チップを取り入れるなど、圧倒的にC/Pが高いです。透明度が高く、見通しの深い立体的な映像表現で、広レンジで正確かつ落ち着いた発色と、黒階調のきめ細やかさからくる暗部の引き締めも申し分ありません。キレよく広がりあるサウンドもいいです。長尺だけでなく、1.5mからの一般的な長さもあり、メタルケーブルを超えるクオリティを手軽に味わえる点もフィバー製品のメリットです。

  • 「King-A」、「Ultra Pro」は18Gbps、最上位モデルの「Pure 2」では24Gbpsの帯域幅を実現しており、高解像度の4K、圧倒的な輝度表現を楽しめるHDRの映像情報を伝送できます。4K/HDRコンテンツがますます増えていく昨今、ユーザーが求める性能を高い次元で備えています。
  • メタル線よりも信号の減衰が極めて低い伝送を実現する光ファイバー。左の図のように10mと20mのケーブルの信号パターンテストを比較しても、信号ロスが非常に少ないため、長尺においても4K/HDR映像を劣化なく伝送できます。

インストーラーの声〜総合力の高いHDMIケーブル!

  • アバック横浜店
    渡邉裕介氏

FIBBRブランド製品の一番の強みは、光ファイバーケーブルでありながら高い柔軟性と耐久性を備えている点です。露出・隠蔽配管共に通しやすく、施工現場でも信頼性の高い製品となります。また、今回総合金賞となった「King-A」、そして「Pure 2」はARCにも対応しており、プロジェクターだけでなく、テレビシアターでも活躍する機能性も備えています。画質については、高レートの情報をロスなく伝送できるため、エッジの破綻もなく色の解像感もしっかり出ており、ナチュラルな映像表現が秀逸です。また、音質はすっきりとしていて、S/Nに優れていることが印象に残ります。今まで光ファイバーのHDMIケーブルは高価なモデルが主流でしたが、FIBBR製品は性能と価格とのバランスに優れており、“よいHDMIケーブルは?”とお尋ねの際にお薦めできる総合力の高いケーブルです。

インストーラーの声〜バランスのよさがトップクラス

  • Tsubaki Audio
    鈴木誠治氏

「King-A」の魅力のひとつが“使いやすさ”です。HDMIケーブルは多数のモデルが出ていますが、ケーブルの柔軟性や曲げやすさは随一です。ホームシアターでは、長尺のHDMIケーブルを配管に通す際、どうしても曲げなければ通せない場合がありますが、King-Aなら簡単に通すことができます。そして、画質のよさもKing-Aの特長です。とくに色合いのよさが際立っていて、色のグラデーションをなめらかに表現します。コントラストも優れているため、他モデルでは味わえないメリハリのある映像も楽しめ、2Kのコンテンツでも4Kで見ているようなクオリティアップを実感できます。また、ARC対応や価格が手頃な点などもお薦めポイント。トップクラスのバランスのよさを持ち合わせているKing-Aが、総合金賞に輝いたことに納得です。

LINEUP

FIBBR「King-A」
1.5m→¥27,000/2.0m→¥30,000/3.0m→¥32,000/5.0m→¥34,000/10.0m→¥42,000/15.0m→¥50,000/20.0m→¥57,000 (※長さは取り寄せによって30mまで可能)

FIBBR「Pure 2」
1.5m→¥40,000/2.0m→¥45,000/3.0m→¥48,000/5.0m→¥50,000/10.0m→¥70,000/15.0m→¥85,000/20.0m→¥100,000

FIBBR「Ultra Pro」
1.5m→¥18,000/2.0m→¥21,000/3.0m→¥23,000/5.0m→¥25,000/10.0m→¥32,000/15.0m→¥40,000/20.0m→¥47,000 (※長さは取り寄せによって50mまで可能)

SPEC

[King-A]
●ケーブル径:4.8mm ●帯域幅:18Gbps(4K/60p、4:4:4、HDR、ARC、CEC、HDCP2.2対応) ●ケーブル長さ:1.5m、2.0m、3.0m、5.0m、10.0m、15.0m、20.0m ※長さは取り寄せによって30mまで可能

[Pure 2]
● ケーブル径:4.8mm ● 帯域幅:24Gbps(4K/60p、4:4:4、HDR、ARC、CEC、HDCP2.2対応) ●コネクター:メタルハウジング ●ケーブル長さ:1.5m、2.0m、3.0m、5.0m、10.0m、15.0m、20.0m

[Ultra Pro]
● ケーブル径:4.6mm ● 帯域幅:18Gbps(4K/60p、4:4:4、HDR、CEC、HDCP 2.2対応) ●ケーブル長さ:1.5m、2.0m、3.0m、5.0m、10.0m、15.0m、20.0m ※長さは取り寄せによって50mまで可能

アプリ